利用規約

第1条(総則)

このキャスタイム利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社ダイケン(以下、「当社」といいます。)が提供する「キャスタイム」に関するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。
本サービスの利用を開始する場合は、本規約に同意いただく必要があります。
また、本サービスの利用者(以下、「ユーザー」といいます。)は、本規約に従う必要があります。
本規約に同意いただけない場合、ユーザーはサービスの利用を即刻中止しなければなりません。

当社は、本規約を事前の予告なく変更、追加又は削除することがあります。
当社はキャスタイム上またはホームページ上で変更後の規約を掲示するものとします。
当該変更後にキャスタイムを利用した場合、ユーザーは変更後の規約に同意したものとみなします。

第2条(本サービスの内容)

本サービスは、主に労働・労務に関するサポートを行うソフトウェアを提供するものです。

第3条(企業アカウントの登録について)

キャスタイムを利用する際には、最低でも1つの企業アカウントが必要となり、当社および正規代理店から提供されるものとします。
企業アカウントを登録するためには、利用規約を同意の上、登録用のシステムからの入力、正規代理店への申込み、もしくは当社への登録の依頼を行うことで、ユーザーの企業アカウントが提供されます。 登録の依頼を当社が許諾した、もしくは登録が完了することをもって、当社とのキャスタイムの利用に関する契約が成立するものとします。
企業アカウントを扱うユーザーを「企業ユーザー」とします。
企業ユーザーは、登録された情報を適切に扱うものとします。
企業アカウントを企業ユーザーは適切に管理し、管理不備等によって生じた損害に関して当社は一切の責任を負いません。

第4条(従業員アカウントの登録について)

キャスタイムの企業アカウントから、従業員アカウントを登録することができます。
従業員アカウントは、マスター権限により、当社が提供する登録用のシステムからの入力を行うことにより登録することができます。
原則として、ユーザーの入力により、従業員アカウントを登録するものとします。
ユーザーが従業員アカウントの登録作業を正規代理店および当社に依頼する場合、正規代理店および当社は個人情報保護に基づき適切に情報を処理いたします。
従業員アカウントを扱うユーザーを「従業員ユーザー」とします。
従業員ユーザーは、登録された情報を適切に扱うものとします。
従業員アカウントを従業員ユーザーは適切に管理し、管理不備等によって生じた損害に関して当社は一切の責任を負いません。
企業ユーザーは、従業員ユーザーに対してのキャスタイム利用に関する説明義務を負うものとします。

第5条(退会について)

キャスタイムを退会する際は、ユーザー自ら提供されたユーザー削除機能を使い、クレジットカードを登録している場合は、当社が提供する削除機能を使い、適切に削除するものとします。
前記情報を適切に削除した後に、正規代理店または当社に対して退会の旨をメールすることで、退会できるものとします。
連絡の後、当社が該当ユーザーのアカウントを削除するものとします。
当社からアカウントの削除機能が提供されている場合、アカウント削除機能を使うことで退会できるものとします。

データ削除後は、あらゆるデータが保持されておらず、再度利用することはできません。

ユーザーは、契約中に知り得たキャスタイムについての情報について、全て破棄し、外部へ漏らすことの無いものとします。

第6条(機器について)

本サービスを利用するには、当社が提供するソフトウェアを活用するための機器が必要となり、ソフトウェア等のインストールや利用に際して必要となる必要費はユーザー側が負担するものとします。
必要な通信や機器についてもユーザーが費用を負担し準備するものとします。
使用する際の機器は、ユーザー側が管理するものとします。
機器の故障した場合も、修理・保証することはできません。

第7条(通信について)

本サービスを利用するには、当社が提供するソフトウェアを活用するためにインターネット通信が必要となります。
通信についての契約は、ユーザーが別途通信事業社とユーザー自身が費用を負担して行うものとします。
当社は通信契約や通信機器に関して関与せず、保証することもできません。
通信状況が適切でない場合、適切なキャスタイム機能を使うことはできません。

第8条(禁止事項)

キャスタイムの利用や、保存されるデータなど、以下のいずれかに該当する場合、当社はユーザーの利用を停止するとができます。

法令または公序良俗に違反する場合

犯罪行為に関連する場合

他人の著作権を侵害する場合

性的、わいせつ的、暴力的な表現を含む場合

民族、宗教、人種、性別または年齢等に関する差別表現を含む場合

その他、社会通念に照らして当社が不適切と判断する場合
当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為

他のユーザーに成りすます行為

当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

当サービスで作成したはがきを商用または営利目的で第三者に販売する等、当サービスを商用または営利目的で利用する行為
ソフトウェアプログラムを解析、改ざん、改変、複製、またはそれに準ずる行為

ソフトウェアや機器に不具合を起こさせる行為

ソフトウェアプログラムやデータを収集したり、コピーし再利用する行為

第9条(やむを得ない場合による停止)

天災や戦争、ストライキ、停電、事故等、その他やむを得ない事情がある場合は正常なサービスの提供が行われない場合があります。
ユーザーは、これに同意するものとします。

第10条(利用料金および支払方法)

ユーザーは、本サービス利用の対価として、当社が別途定め、本サービスに表示する利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
また、ユーザーの料金支払が遅延した場合、当社はユーザーへのサービスを停止できるものとします。

当社は、ユーザーがキャスタイム使用の事実を確認のもとに、ユーザーに対して適切な料金を提示の上で請求できるものとします。

第11条(無料期間、試用期間)

当社は、ユーザーに対して、料金が発生しない無料期間および試用期間を設けることができるものとします。

試用期間ついては、契約する段階で提示された期間とします。

当社は、掲げた無料期間、試用期間を変更できるものとし、事前に告知するものとします。

第12条(プラン)

キャスタイムには、原則無料であるフリープランと、料金が発生する可能性のあるプレミアムプランがあり、ユーザーは利用するプランを選択することとします。

フリープランでは、キャスタイムの機能に制限を設け、ユーザーは内容に同意したものとします。

プレミアムプランでは、キャスタイムの利用により料金が発生する可能性があり、ユーザーは内容に同意したものとします。

フリープランで利用可能な人数や機能について、変更の可能性があり、ユーザーは変更後の内容についても同意したものとします。
プランの変更の際には、当社からの告知を行うこととします。

13条(法令サポートについて

キャスタイムは、法律に基づいたい勤怠のサポート機能を有するものの、それを保証するものではないこととします。
法令の改定により、キャスタイムのサポート機能によるデータに古い情報が含まれる場合も、その動作を保証するものではないこととします。

第14条(本サービスの提供の停止等)

当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

本サービスにかかるシステムの保守点検または更新を行う場合

地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第15条(利用制限)

当社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限することができるものとします。

本規約のいずれかの条項に違反した場合

当社に届け出た事項に虚偽の事実があることが判明した場合

その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第16条(免責事項)

当社の債務不履行責任は当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、利用料金の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。 当社は本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

キャスタイム内に保存されたデータについて、バックアップを保証しません。 企業ユーザーの責任でデータのバックアップを行うものとし、データの喪失・破損について、当社は一切の責任を負いません。

当社によるキャスタイムの停止、変更、削除等によるデータの消失について、賠償する一切の責任を負いません。

当社は通信、機器の故障若しくは損傷による賠償する一切の責任を負いません。

第17条(サービス内容の変更等)

当当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第18条(利用規約の変更)

当社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。変更の際にはWebサイト・ソフトウェア上等で通知する等、当社が適当と判断する方法でユーザーに通知を行い、それ以降サービスを利用する場合は、変更後の規約に同意したものとみなします。また、ユーザーは本規約を定期的に確認する義務を負い、常に最新版の本規約に従って本サービスを利用しなければなりません。

第19条(通知または連絡)

ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。

第20条(個人情報の取り扱い)

当社は、当社のプライバシーポリシーに従い、個人情報を適切に取り扱います。ただし、以下の場合にはユーザーの個人情報を第三者に提供する場合があります。

本サービスの利用に関して、ユーザーが法令、本規約等に反した場合で、当社または第三者の権利、財産、サービス等を保護する必要がある場合。

人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合。

国の機関もしくは地方公共団体、公的機関、またはその委託を受けた者から開示を要求された場合。

法令に基づき、公開を要求された場合。

その他、公共の利益を守るために当社が必要と判断した場合。

当社は、ユーザーから入力された情報、次の利用目的に利用いたします。

ユーザーがキャスタイムを利用する際に、ユーザー自身がその入力情報を必要とする場合

ユーザーからの問い合わせに回答する必要がある場合

はがきの作成や発送に関して、ユーザーに連絡を取る必要が生じた場合

利用料金を回収するために必要な場合

ダイレクトメールや電子メールで、当社の提供する商品やサービスの紹介等、当社からの情報適用に利用する場合

当社が認める正規代理店や協力会社が、ユーザーの承諾の上で必要に応じて利用する場合

その他、当社がご連絡の必要があると判断した場合約を定期的に確認する義務を負い、常に最新版の本規約に従って本サービスを利用しなければなりません。

第21条(入力情報の活用)

入力された情報のうち、個人情報を含まない情報については、分析、広告等で活用する可能性があり、ユーザーはこれに同意することとします。

第22条(広告スペースについて)

フリープランを利用のユーザーについて、キャスタイム画面内に広告を表示することがあります。
フリープランを利用のユーザーに対して、広告スペースを活用する場合も、広告主や広告提供サービス側に個人情報を提供することはありません。

第23条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には熊本地方裁判所を第一審の専属的合意管轄とします。